トイレのタンクで起こる水漏れトラブル

トイレの中で起こりうる水漏れトラブルは様々あります。今は特に目立ったトラブルはないとしても、突然やってくるのが水のトラブルです。特に一番多いと言われているのがトイレタンクからの水漏れです。

■タンクから水が漏れてるときに確認すること

もしもトイレのタンクから水漏れが発生していたら、水のトラブルに関する知識がない素人でも確認できる方法があります。ひとつはタンクの外側を見ます。タンクの中では水を補給するために水道管とタンクが繋がっています。パイプを通して水がタンク内に補給されていくので、タンクの外で水が漏れる場合は、このパイプとタンクを接続している部分で不具合が起きている可能性が考えられます。その接続している部分には水が漏れてこないようにゴムパッキンなどの部品が内部にあったり、部品を接続するためのナットも使われています。これらの劣化や緩みによって水が漏れることもあります。
トイレタンクの外側に水が漏れる要因があった場合は厄介で、そのまま気づかずにいると漏れた水が床に伝って水浸しになってしまう恐れがあるのです。ジワジワと滲むように漏れているパターンや、ジャバジャバと漏れているパターンなど状況は様々です。見た目ですぐに床が濡れていることに気づけば、すぐに修理屋さんに連絡を入れて早急に対応してもらえば状況も早く改善されることでしょう。

■タンクの内側で水が漏れている場合

傍から見て分かりにくいのがタンクの中に原因がある場合です。一般的にタンクの水はレバーを動かすことで水を流すことができます。そのしくみは、レバーを動かした時にタンク内の栓が開くことで、便器の中に水が流れていきます。タンクの中の水がなくなったら水をまたためるために栓が閉じます。タンクの中に何も不具合がなければ、この一連の仕組みがしっかり働いてくれるわけですが、どこかに不具合があると栓がうまく閉まらなくなり、いつまでも水が便器の中に漏れている状態になってしまいます。
タンクから便器の中へ水が漏れている状態なので、床が濡れているなどのトラブルにならず見た目では分かりにくいのが特徴です。トラブルが発生していることに気づきにくいので、レバーをひいていないのにいつまでもチョロチョロと水が出ているときは注意が必要です。

■まとめ
トイレタンクの水漏れトラブルは自力で直せる場合もあります。しかし、部品の劣化などは修理が必要となりますし、トイレは使えないと不便なので早期に改善させる必要があるため、専門業者の出番になることがほとんどです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ