トイレの水漏れトラブルは火災保険で補償される?

トイレの水漏れトラブルで困ってしまう状況は戸建てだけではありません。マンションのような集合住宅でも起こり得るトラブルです。もしも自分の部屋でトイレが水漏れトラブルを起こしたら、自分の部屋だけでなく周囲の部屋にも被害が広がる可能性がでてくるのです。

■修理費用はだれが払うのか

トイレで水漏れなどのトラブルが起きたとき、一番気になるのはお金のことです。誰が支払うのか知っておく必要があるでしょう。なぜなら、契約内容によって、その集合住宅の決まりが違うためです。契約書を見てもイマイチよくわからないという場合は、万が一に備えて管理会社や不動産業者に連絡を入れて内容を確認しておくといいかもしれません。何もわからずにいると、本来は支払う必要のないお金を支払ってしまったというトラブルが起こり得ますから、費用は誰が負担するのか確認しておくことは大事です。
一般的に賃貸の集合住宅の場合は、その建物の貸主が修繕費を支払うケースが多いと言われています。もちろんこれにも条件があり、部屋の借主に過失がある場合は借主が支払うという契約内容になっていることもあります。劣化によって壊れてしまった場合は借主に責任は一切ありませんから、この場合は貸主が支払うことになるでしょう。ところが、自分で直そうとして無理やり修理をしようとしたけれど状況が悪化して取り返しのつかないことになったとか、壊してしまったという場合は借主に責任があるので支払い責任は借主に発生します。

■ちょっと気になる火災保険のこと

水のトラブルと火災保険は無関係のように見えますが、実は火災保険は火災に対する補償だけでなく、盗難被害や水漏れトラブルなども対象となる場合があります。もちろん契約内容によって違いがあるものの、ほとんどの火災保険は水漏れトラブルも対象となっています。
しかし、水漏れトラブルといってもすべてが該当するわけではありません。水が漏れたことで家財道具や洋服などがダメになってしまった場合の損害に対しては保障されることもありますが、水漏れトラブルが起きた水回りの修理費は該当しないケースが多いです。そのため加入している火災保険の補償内容を、ぜひこの機会にもう一度確認しておいてください。

■まとめ
貸主と借主のどちら側の責任となるのかは、よくわからないという方も多いことでしょう。もしも不安な場合は修理を依頼する業者に、何が原因でトラブルが起きたのか確認しておきましょう。水回りトラブルの専門家ですから、どちらに原因があったのかの判断はしてもらえるので相談してみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ