トイレの水漏れは意外なことが原因になっていることもある

トイレに入ろうとしたとき、普段濡れてないところが水漏れなどで濡れていたときパニックになるでしょう。どこから水が漏れているのか心配になりますし、そのまま放置しておけばさらに被害が広がる恐れも考えられます。

■意外な原因が水漏れを引き起こしていることもある

水漏れというと、一般的に考えられるのは蛇口から水が漏れている状態ではないでしょうか。トイレの場合は蛇口以外にも、水が通る箇所がいくつもあります。そのため、どこから水が漏れているのか素人には判断が難しく慌ててしまうのです。しかも、水漏れに見えてしまうトラブルもあります。それが結露です。
特に湿度の高い季節や寒さ厳しい時期などは結露ができやすく、場合によっては結露を放置しておくと床が腐ってしまうこともあり得るのです。温度差があればあるほど結露しやすく、タンクの側面にびっしり結露ができてしまうとその雫が滴り床が濡れてしまいます。結露であることが分かった場合、大したことないからと放置しておくとカビが生えたりして不衛生になります。アレルギーなどの病気を引き起こす可能性も高くなりますから、結露による水のトラブルであっても早く解決する必要があります。

■結露によるトラブルを回避するために

まるで水漏れのように雫が滴るほどの結露を放置することはよくありません。温度差が気になったり湿気の多い季節などは、こまめに結露を拭き取るよう意識して過ごしてください。また、換気をして空気を入れ替えることも結露予防のひとつの手段です。
もしもトイレ内に換気扇がない場合は、部分的なリフォームを検討してもいいかもしれません。専門業者に依頼すれば簡単にトイレ専用の換気扇を設置してもらえます。先に見積書を取り寄せてから検討しても遅くはありません。換気扇による空気の入れ替えと、こまめな拭き掃除で結露によるトラブルは未然に防ぐことができます。
少しぐらいなら気にならないと放置しておくと、床材を丸ごと交換する大掛かりな修理が必要となり、思いがけず高い修理代を支払うことになりかねませんから、日ごろから結露対策を心がけておきましょう。

■まとめ
水漏れだと思っていたら結露だったというトラブルは意外と珍しいものではありません。放っておいたせいで大きくなったトラブルは素人にはどうすることもできず、専門業者に修繕を依頼することになります。そのため、くれぐれもほんの少しだからと見過ごさないようにすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ