トイレの水漏れトラブルが起こる前に知っておきたいマメ知識

トイレの水漏れトラブルが起こる前に知っておきたいマメ知識 私たちの暮らしにトイレは欠かせない空間です。いまもしも突然トイレが使えなくなったときのことを想像してみてください。究極に困るはずです。そうはいっても今普通に使えていると、水のトラブルの心配はないと思ってしまいます。しかし、長い年月が経つといつかは水のトラブルが起こる可能性があります。なぜなら物には耐久年数があるためです。
特にトイレは家の中でも水のトラブルが起こりやすい場所として知られています。どんなトラブルが起こるのか知っておく必要がありますし、なにが原因でトラブルが起こるのか分かっていれば、万が一に備えて心の準備ができるでしょう。

■トイレのタンクは水漏れトラブルが起こりやすい

トイレを使用するたびに水を使うため、家の中の水回りの中でも特に水のトラブルが起こりやすいのがトイレと言われています。これまで特にトラブルが起きていないし、見た目にもどこもおかしくないのでうちは大丈夫、と思い込むのは危険です。なぜなら、水のトラブルはどのお家でも突然やってくるからです。
少なからず前兆はあると言われていますが、素人にはなかなか分からないものです。そのため、万が一に備えてトイレでどんなトラブルが起こりやすいのか把握しておくことが大事なのです。ある程度分かっていれば、目の前で水漏れトラブルなどが起きてもパニックにならず、次に何をすべきなのか冷静に判断できるはずです。頼りになるのは街の専門業者ですから、業者の情報も確認しておきましょう。

■水漏れトラブルだと思っていたら違う場合もある
本来なら濡れていない場所が濡れているわけですから、どこから水が漏れているのだろうと誰もが思うはずです。しかも、専門知識がないと不安が募るので目の前で水漏れトラブルが起きていると慌ててしまいます。トイレは特にトラブルが多いと言われているものの、実は水が漏れていたわけではなかったという驚きの状況も珍しくありません。
特にそのトラブルに見舞われるのは湿気の多い季節や、部屋の温度と外気温の温度の差があるときに起こりやすいと言われています。その正体は結露です。トイレに限らず窓にびっしり結露がついて毎日拭き掃除が大変と思ったことはありませんか?その状況がトイレのタンクでも起こり得るのです。

■水漏れトラブルは火災保険の対象になるのか

水が漏れてしまったことで修理が必要になるケースは珍しくありません。一般的に、水回りのトラブルは部品などの劣化が原因で壊れてしまうこともあるので、必ず部品代や修理代が必要になります。このとき、ふと火災保険が頭をよぎる方もいるのではないでしょうか。
火災保険が対象となるのは火災だけではありません。火災保険では様々なトラブルを保障してもらえるのです。それは水回りのトラブルも同様です。しかしながら、水のトラブルすべてが対象になるわけではありません。これを勘違いしないように注意しなければなりません。水回りのトラブルは全部保障されるかと思っていたのに修理費を払う羽目になったと慌ててしまうことのないように、何が保障の対象になり、何が対象にならないのか改めて確認しておきましょう。

■まとめ
実際に目の前で水のトラブルが起こってしまうと、冷静になろうと思ってもなかなか難しいものです。そんなとき頼りになるのはやっぱり水のトラブル専門家でしょう。水のトラブルは起こりやすいからこそ、実績が豊富な専門業者が頼りになるのです。今はまだ心配ないかもしれませんが、今後起こるかもしれない水のトラブルによって被害が必要以上に広がらないためにも、トラブルが起こる原因や、加入している火災保険のことなどはこの機会にぜひ知っておいてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース